最新記事

カテゴリ

千住防犯協会Twitter

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

千住防犯協会
昭和22年の創立以来、千住警察署と共に千住(北千住)地区の防犯対策一筋に活動して参りました。このブログを通じて、日々の活動状況、地域安全情報などを発信していきたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千住防犯協会ブログとツイッターのチラシ
 千住防犯協会の当ブログとTwitterのチラシを作りました。

 今後、各支部にも配布したいと思いますので、宣伝のほどよろしくお願いいたします。

 ブログとTwitterのチラシ

 ちなみに、チラシの中で使われている「twitter」のロゴが少し本物と違うのに気付いた方もいらっしゃると思います。
 実は、本家の「twitter」のロゴ及び「t」のマークは、使用禁止になっており、現在使用可能なのは、鳥のマークのみとなっています。

 最初、そうとも知らず、「twitter」のマークやロゴを入れたチラシを作ってしまいました。
 後に、twitterのホームページで使用禁止になっていることを知り、どうしようかと思っていたところ、「twitter」ロゴの元となったフリーのフォント「Pico」というのがあるのを知り、急遽ダウンロードして新たにロゴを作り直したというわけです。

 Picoフォントをそのまま使ったので、「e」の形など一部本家のフォントとは違ったものになっています。

 なお、Picoフォント(正確には『Pico-Alphabet Black & White / ピコ・アルファベット(ブラック&ホワイト)』)は、国産のフォントだそうです。

 Twitter豆知識でした。
スポンサーサイト
はじめまして!千住防犯協会です。
 千住防犯協会は、昭和22年8月1日、荒川と隅田川に挟まれた千住地区で、地域住民による自主防犯ボランティア団体として、佐久間栄吉を初代会長として設立されました。

 その前身団体である千住警察署防犯協会は、昭和8年に発足いたしましたが、終戦後、GHQにより防犯協会、町内会をはじめとしたあらゆる団体が解散させられてしまいました。
 しかし、戦後の荒廃の中、犯罪が多発し、肝心の警察力も不足しており、地域住民の平穏な生活が脅かされる状況も見られました。
 そのような状況下、地域住民の間で、「自分たちの街は自分たちで守ろう」との機運が高まりを見せ、それを背景に防犯団体の必要性と公益性が認められるに至り、千住防犯協会が設立されることとなったのです。

 そこから数えて65年、現在は、40町会・自治会、商店街等24職域支部、千住古物商防犯協力会等9賛助会を擁し、千住地区の民間防犯団体の要として、各種地域安全活動を推進しております。

 江戸四宿のひとつとして栄え、長い歴史と伝統を持つ千住は、都内屈指のターミナル駅である北千住駅を中心に広い繁華街を抱え、日々、人々の活気に満ち溢れています。
 また近年は、5つの大学が相次いで開校するなど、学生の街、若者の街という新たな一面も見せ始めています。

 当千住防犯協会は、これまで積み重ねてきた伝統と経験を元に、時代の変化にも対応しながら、地域に根ざした防犯団体として、これからも千住の街に寄り添った地道な活動を続けていきたいと考えておりますので、皆様のご支援のほどをよろしくお願いいたします。

           千住防犯協会 第8代会長 飯島 弘



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。